NEWS

2020/1/27~2/2【花美-hanabi-展】

色プロデュース

【花美-hanabi-展】

2020年1月27日(月)~2月2日(日)

※特別教室開催※下記詳細アリ

いけばな教室:1月29・31日2月1日14時~16時 

水彩画教室:2月1日14時~16時 2月2日13時~15時

画廊 楽

企画/プロデュース:色(アートプロデューサー)

 

【出展作家】

清水のぶ子

愛知県名古屋市出身 横浜市戸塚区在住  立教大学文学部英米文学科卒業 現展準会員 NAU21世紀連立メンバー 日本デコラティブペインティング協会講師会員 米国デコラティブペインティング協会マスターデコラティブアーティスト

2016 東久迩宮文化褒章受章 2018 現代美術家協会本展 ターナー色彩賞受賞     ホキ美術館プラチナ大賞展入選 2018 台湾(高雄)アートフェア出品 2019 One Art Taipei(台北)出品 2019 台湾アートオークション入選

 

白鳥十三

無所属・個展、百貨店での発表

1949 新潟市生

1967 新潟高校卒

1971 早稲田大商学部卒在学中から絵画研究所へ通う、ヨーロッパ美術館を巡る。

銀座サエグサ画廊で8回個展、その間、新潟大和、仙台ビブレなどで個展、サエグサ画廊移転に伴い銀座ギャラリー喜久田で発表を続ける。

新潟では、新潟市立美術館・市民ギャラリー、考古堂、画廊イタリア軒、万代橋アートギャラリーなどで発表、一貫して無所属。清澄で美しい色彩が特徴、花では「緑陰シリーズ」「薔薇の静物」、風景では「樹のシリーズ」「夕映えの海」などが定評。

【主な所蔵先】

新潟県庁、新潟市役所、新潟日報、新光証券(本店)、新潟県産業貿易振興協会(ソウル事務所)、西松建設東北支社、東北電力・北日本電線、北里研究所、新潟フォレストゴルフ、セーフティー両羽(酒田)、ナミックス株式会社、株式会社第一印刷所、函館湯の川ホテル、二幸産業株式会社、新潟高校、敬和学園高等学校、大雲寺、他個人蔵多数

 

豊田明日香

東京農工大学卒業/大塚テキスタイルデザイン専門学校卒業

2009 「母娘三代展」(東京・次男画廊)

2011 グループ展 「ARTOY」 (東京銀座画廊美術館)

   「母娘三代展」(東京・次男画廊)

2012 個展 (愛知・ギャラリーMIWA)

   個展 (東京・イングリッッシュガーデンローズカフェ)

   *日本アートサロン絵画大賞展入選

2013 個展 (東京・さんさきカフェ)

2015 ソウル国際交流展 (韓国・ソウル南山図書館ギャラリー)

   グループ展 「Power of ...」 (東京・ギャラリー彩)

2016 2人展「あいことば展」@吉祥寺にじ画廊 

   *リリーオンコロジーオンキャンバス 一般投票賞

   *第12回ポストカードコンテスト FineArt賞

2017 2人展「あいことば展vol.2」@吉祥寺にじ画廊

2018 個展「花の透明水彩画展」@武蔵野プレイスギャラリー

水彩画教室

●セブンカルチャースクール透明水彩クラス@武蔵境イトーヨーカドー

●スタートアップカフェ水彩画教室@武蔵境

●三鷹スケッチの会招待講師

 

宮内孝之

華道家・空間装飾演出家・花風水鑑定士・ SBT脳メンタルトレーナー 花の妖精 日米会談ではオバマ大統領も認めた薔薇絵を贈呈

【主な取引先】

㈱JTB・関西テレビ・朝日放送・吉本興業・東京放送・フジテレビ・読売テレビ・ TBS・ソニーミュージックエンタテインメント・(株)電通・大塚製薬(株)・(株)毛髪クリ ニックリーブ21・渡嘉敷ボクシングジム・堂島観光(株)・風花・(株)八光倉庫・㈱淀 建設・タイ国際航空・日本航空・㈱ドウシシャ・丸紅㈱・㈱日本製紙グループ・来来 亭㈱・デンプス(株)・サントリー(株)日比谷花壇・㈱ネクシーズ、他

 

増野雪舟 いけばな雪舟流二世家元

財団法人日本いけばな芸術協会特別会員

いけばな協会評議員

本阿弥流 刀剣研師を父に持ち、幼少より伝統芸術に親しみ、いけばなを学ぶ。

のち、一世家元の斬新な作風に衝撃を受け、いけばな雪舟流に入門。

一世家元より直接の指導を受ける。

一世家元の助手として創作活動に携わり、また、副家元である増野和子とともに、流の発展に力を注ぐ。

2006年、いけばな雪舟流家元継承。一世家元の精神を受け継ぎ、様々な展覧会への出品を続けている。

 

増野光晴

財団法人日本いけばな芸術協会特別会員

いけばな協会会員

大日本茶道学会準会員

1984年、いけばな雪舟流二世家元・増野雪舟の長男として東京に生まれる。

幼少より、一世家元のもとでいけばなを学ぶ。

早稲田大学第一文学部在学中より本格的な創作活動を始め、日本いけばな芸術展(日本橋髙島屋)やいけばな協会展(銀座・上野松坂屋)などへの出品を重ねている。

卒業後は、コンサルティング会社を経て独立。華道家として活動するかたわら、メディア関連のビジネスにも携わり、いけばなの新しい可能性を模索している。

2009年には「いけばな男子クラス」を立ち上げ、2010年に「いけばな男子展」(Design Festa Gallery HARAJUKU)を開催。その活動は、テレビや新聞など多くのメディアでも取り上げられ話題となった。

現在は、目黒本部教室を始め、各教室やカルチャーセンター等での指導や創作活動、テレビ出演やドラマ等でのいけばな指導などを通して、いけばな文化の普及に努めている。

 

三浦ひろみ

宮城県生まれ

加山又造と横山操の作品を美術雑誌で知り、日本画を志して両氏が教鞭を執る多摩美術大学に進む。 その後、坂崎乙郎や吉村禎司らとも出会い学ぶ機会を得た。 卒業以来、無所属で創作と個展での発表を続けている。

 

山根幸絵

1994年 武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科卒業     第1種高等学校教員免許取得     卒業制作 優秀賞「日経デザインの現場」「アイディア」誌に掲載される。 2016年 雛の里アートフェスティバルにて、埼玉県文化団体連合会会長賞 受賞     カフェギャラリー・あっぷるはうすにて2人展開催 2017年 ガッツさいたまアートフェスタにて、水彩画で似顔絵描きのイベントに出展 2018年 ギャラリーエルポエタ2で個展開催。水彩画デモンストレーションを行う。 2019年 ギャルリーフロレゾンで個展開催

     東急リバブル株式会社コミュニティースペースにて個展【Flowers】

水彩画教室 ●八王子市の絵画造形教室にて水彩画講座 ●さいたま市にて水彩画教室主催

 

【日時】

2020年1月27日(月)~2月2日(日)

11:00~18:00*初日13:00より 最終日15:30まで

《特別教室》<